日常生活での傷

日々、家で生活をしていると様々な原因で床のフローリングに傷がついてしまいます。自宅の環境を守るためにも、原因を知って意識的に改善しましょう。

床が傷つく原因

no.1

タバコによる傷

意外にも自宅の床を傷つける原因はタバコにありました。家でタバコを吸う時に灰を落としてしまって、気付かない間にフローリングを傷つけています。ですから、喫煙者がいるご家庭は灰で床が焦げないように、注意しましょう。

no.2

家具の移動による傷

日々の生活で頻繁に繰り返される、家具の移動。特にイスは毎日使うものなので、摩擦でフローリングが傷ついている可能性が大きいです。傷の予防をするためにも、家具の下に傷防止のシートを貼ることをおすすめします。

no.3

薬品による傷

洗剤や漂白剤に含まれている界面活性剤は、フローリングを傷めるきっかけになります。薬品が床に付着すると、その床の部分の劣化を早めてしまいます。ですから、床に薬品をこぼさないように心掛けましょう。

no.4

ペットによる傷

ペットを飼っているご家庭なら、ペットによってできる瓜などの傷に悩んでいることでしょう。ペットによる傷は対策するのは難しいものです。ですから、ペットを飼っている人は注意する必要があります。

no.5

油性ペンによる傷

日常生活で油性ペンを使用することもあるでしょう。しかし、油性ペンを落とすと床を傷つける恐れあるので、使うときは気を付ける必要があります。もしも、落として床に付着してしまったら、布などで優しく落としてあげましょう。

施工の流れについて

資料を請求して確認

インターネットや携帯などで、ご自宅があるエリアに対応している業者を検索しましょう。そのエリアから、自身の条件にあった業者をいくつかピックアップして、資料を請求します。また、資料と同時に施工サンプルが取り寄せる場合は一緒にお願いしましょう。

見積り依頼を出す

業者に見積り依頼を出しましょう。見積り依頼は基本的にどこの業者も無料で行っているので、複数の業者に見積りを依頼するといいです。複数の業者に見積ることで、他の業者と比較しやすくなります。そして、その中から気に入った業者を選んで契約しましょう。

事前に調査

契約したら業者が自宅に来て、施工箇所をチェックしてくれます。その時に施工する場所の傷やへこみをしっかりと確認しておくといいでしょう。業者によっては立会いをしなくてもいいですが、施工後のトラブルを防ぐためにも、事前に施工箇所を見ておくことが大切です。

コーティング作業

施工を行う前にコーティング剤が付着しないように、専用のテープで玄関やドアに貼り付けます。そして、コーティング作業に入ります。施工方法によって時間が変わりますが、大体、約6から10時間ぐらいで施工が完了するので、当日に自宅に帰ることもできます。

終了したら立ち合い

コーティングが完了したら、再び業者とご自宅の施工箇所を見て仕上がりを確認します。もしも、塗りムラや塗り残しなどの不満があるようならば、しっかりと業者に伝えるといいでしょう。最後はフロアコーティングを長持ちさせる為の方法などを聞いて終了です。

コーティングを依頼する前にチェック

空き部屋

専門的な業者か

まず初めに気にして欲しいのが、依頼する業者が専門的にフロアコーティングを行っているかに目を向けましょう。横浜にある施工業者は主に二種類あり、リフォーム業者と専門的にコーティングを行っている業者で分かれます。業務を選ぶ際は専門業者に依頼することで失敗のリスクを押えることが可能です。

図面を用意することが確実

フロアコーティングを依頼するときに図面を用意した方がいいでしょう。特にマンションなどの建物には、給排水管や電気配線などの位置も重要です。そして、図面がないと設備のトラブルが発生してしまう危険性があります。一戸建てに関しては図面を用意するよりも、業務を派遣して調査をしてもらう方がいいでしょう。

プランや提案の内容を確認

業者に依頼して契約するときに、改めて契約書をきちんと読みましょう。内容を確認していないと、予算がオーバーしてしまったり、追加料金を取られる可能も十分にあります。そのため、契約書をしっかりと確認しておく必要があります。

プライベートも快適

マイホームで暮らす時間は誰にとっても快適であって欲しいものでしょう。フロアコーティングを行うことで、住環境が著しく向上します。そして、住環境が整うと日々の生活が快適で楽しく過ごすことができるのです。

広告募集中