フロアコーティングを知っておく

フロアコーティングを行う前に、施工方法に目を向けてみましょう。フロアコーティングにはいくつかあり、それぞれによって効果や費用が変わってきます。そのため、自身の予算や希望に沿った施工方法を見つけることが大切と言えます。

コーティングの種類

UVコーティングについて

横浜で人気があるのが、UVコーティングです。耐久性、耐摩擦性、耐熱性の効果に関してはフロアコーティングの中でも最高峰。しかも、耐用年数も約20年以上と長いのも魅力的でしょう。ただ一点、難を挙げるとすれば、最高峰なために、料金が高いことでしょう。

シリコンコーティングについて

シリコンコーティングは名前の通りにシリコン樹脂が入っているコーティング剤で行う施工です。横浜でシリコンコーティングは店舗や事務所などタイルの保護用に使われています。つまり、シリコンコーティングに適しているのは、キッチンや洗面所のような、水回りがいいところです。

ガラスコーティングについて

コーティングの強度に関しては、間違いなく他のコーティングよりも高いです。ペットの瓜などの傷から床を守ることができ、アンモニアにも強いのでペットがおしっこをしても床が痛む心配がありません。そのため、ペットを飼っているご家庭におすすめと言えるでしょう。

ウレタンコーティングについて

フロアコーティングの中で一番、歴史がありポピュラーなのがウレタンコーティング。以前では油性のウレタンコーティングが主流でしたが、最近では水性ウレタンコーティングが流行っています。そして、耐用年数が短いので、初心者におすすめのコーティング方法になります。

アクリルコーティングについて

耐久性や耐水性は他のコーティングよりも劣っていますが、ツヤ出しを目的とした場合にはアクリルコーティングは優秀です。耐用年数は約2年と言われていますが、業者によっては自社開発しているところもあり、従来よりも長い耐用年数が期待できます。

ワックスとフロアコーティングの違い

部屋

耐用年数が長い

ワックスがけは長くても数か月で塗り直しをしないといけません。しかし、フロアコーティングの耐用年数はワックスでコーティングをするのと比較して、圧倒的に長いです。施工方法によって変わりますが、長いものだと約20年以上の効果を持続が期待できます。

メンテナンスが楽に

ワックスがけは塗り直しを数か月単位で何回も繰り返し行わないといけません。そのため、家具の移動やメンテナンスの負担が大きいことでしょう。ですが、フロアコーティングをすることで、メンテナンスの必要がなくなるので毎月の掃除が楽になります。

確かな安全性

ワックスがけと比較して、何より安全性が高いのが魅力的でしょう。業者が環境や人体に害がない塗料を使用しているので、ペットや子供が床を舐めても大丈夫です。そして、床が滑りにくくなるので家庭で大怪我する心配もありません。

プライベートも快適

マイホームで暮らす時間は誰にとっても快適であって欲しいものでしょう。フロアコーティングを行うことで、住環境が著しく向上します。そして、住環境が整うと日々の生活が快適で楽しく過ごすことができるのです。

広告募集中